『オズランド』見てきたよ。(映画レビュー・評価)

f:id:sin-a8:20180903121459j:plain

どうも、こんにちは。

 

『オズランド』という映画を公開初日に見てきました。

 

正直、今年見てきた映画15作くらいの中で一番面白い映画でしたね。

 

 

 

地方にある遊園地が舞台

物語の主人公である「なみひら」は、とある東京の会社に入社しますが、ある日転勤を言い渡されます。

 

そこが熊本県にある「グリーンランド」という遊園地。

 

「なみひら」が東京の会社に入社した理由は彼氏と同じ職場でずっと一緒にいられるからだったので転勤には乗り気ではありません。

 

そんな「グリーンランド」で、いつも楽しそうに笑っている「おづか」という人に出会います。

 

この「おずか」という人は様々な企画を成功させ集客率を170%も伸ばした魔法使いと言われているすごい人。

 

そして「なみひら」は「おづか」に沢山の企画書を提示しますが、見てくれている気配もなく任される仕事は雑用ばかりで仕事にも自分にも嫌気がさし落ち込みます。

 

そんな時「おづか」の言葉や行動を見ていろんなことに気づき、もう一度頑張ろうと前を向いて走り出していくというお話になっています。

 

 

とにかく笑顔になれる映画

この『オズランド』という映画は、とにかく初めから終わりまでずっと笑顔で見ていられる映画になっているんです。

 

とにかく楽しい映画で、ワッハッハと大笑いするような映画ではありませんが、ずっと心からほっこりハッピーになり気づけば自然と笑顔になっている感じの作品なんですよ。

 

本当にずーっとですからね。このままいけばちょっと悲しくて感動しそうな流れになりそうだなと思ったら笑顔になる流れに一瞬で変わっちゃうんです。

 

涙なんかいらない、笑えー!と言わんばかりの流れにすぐ変わるんですよ。

 

さらに西島秀俊さん演じる「おづか」がすごくいい人で、こんな上司のいる会社だったら毎日楽しく仕事も出来そうだし、この上司の為なら自分の出来る事なら何でもしてあげたいと思うような、まさに理想の上司という感じでした。

 

そして改めて、職場の雰囲気は上司次第だよなと思わされるいい映画だと思いましたよ。

 

やっぱり常にピリピリしていて雰囲気が最悪な職場って常に上司がムスッとして怒っているのでそれが職場全体に広がって仕事しづらいしやる気も出ない。(僕が昔働いていた所はこんな感じでした)

 

職場の雰囲気ってホントに大事‼

 

 

地方の遊園地に無性に行きたくなる 

この映画を見てるとだんだんと遊園地に行きたくなってきちゃいましてね。

 

でも、ディズニーランドとかUSJとかの有名どころじゃなくて地方にある遊園地あるじゃないですか。

 

そういう所に無性に行きたくなってしまいましてね。

 

なので、僕が住んでいる香川県にはレオマワールドという遊園地があるのですが、映画終わりに行ってきちゃいましたよ。

 

どうですか皆さんも?休日の午前中に『オズランド』を見て、その後に遊園地という休日プランは。オススメですよ。

 

 

最後に:『オズランド』◇評価5点満点中/5点

この『オズランド』という映画は、僕の中では非の付け所が全くない最高の映画でしたよ。

 

いや~僕も本当にこんなに心の底から笑顔になったのは久しぶりでしたね。

 

これは、心が疲れた時や辛い時なんかにまた見たい作品の1つに任命ですね。

 

最高、もうこれ以上の言葉が思いつかないくらい最高の作品でした。

 

気になった方はぜひ見てみて下さいね。

 

それじゃあ、

また!!

 


人気ブログランキング