FXチャートの形は2種類だけ!? トレンド相場、レンジ相場とは?

f:id:sin-a8:20181022135232p:plain

どうも、こんにちは。

 

FXトレードをする際にはチャートを見ながらトレードをしていかなければならないんですよ。

 

しかしFXをこれからはじめようと思っている方はどのようにチャートを見ていいか全く分からないですよね。

 

ということで今回はチャートの見方の基礎的なもの、絶対に知っておかないと困る相場の形というものを紹介していきます。

 

 

 

 チャートの形は2種類だけ

チャートの形というものはたったの2種類、トレンド相場とレンジ相場、これだけで作られている訳なんですよ。

 

なのでチャートを見る時にはこの2種類の形さえ覚えれば、とりあえず今どのような相場状況なのかという事が分かりますのでしっかりこの記事を読んで覚えて下さいね。

 

 

 トレンド相場とは?

トレンド相場というものは言葉の通りのもので、ファッションのトレンドとかテレビなどで今のトレンドはコレだよ見たいな感じで使われるトレンドと同じ、今人気のあるものはこっちの相場だよというものになっています。

 

そしてこのトレンド相場には細かく分けると2種類存在し、上昇トレンド相場と下落トレンド相場があります。

 

【上昇トレンド相場】

f:id:sin-a8:20181022094907p:plain

 上昇トレンド相場とは上の図のように高値と安値が右肩上がりに切り上がっている相場の事をいいます。

 

上昇トレンド相場が出ている際には基本的に上昇していく傾向があって、相場に参加している沢山のトレーダー達がみんな買い注文をしているので買い圧力が強い状況にあります。

 

買い圧力が強いという事は上昇しやすい相場という事になるので、エントリーする際には買いエントリーすれば勝ちやすい相場という事になります。

 

f:id:sin-a8:20181022104319p:plain

 上の図は実際のチャートの上昇トレンド相場に分かりやすいように線を書いています。

 

上昇トレンド相場は実際のチャートで見てみるとこのような感じになります。

【下落トレンド相場】

f:id:sin-a8:20181022101619p:plain

下落トレンド相場とは上の図のように高値と安値が右肩下がりに切り下がっている相場の事をいいます。

 

下落トレンド相場はさっきの上昇トレンド相場をそのまま逆にした相場だと思ってください。

 

なので下落トレンド相場は上昇トレンド相場の逆で売りの圧力が強い相場なので下落しやすい傾向にあるので売りエントリーをすれば勝ちやすい相場という事になります。

 

f:id:sin-a8:20181022104628p:plain

上の図は実際のチャートの下落トレンドに分かりやすいように線を書いています。

 

下落トレンド相場は実際に見てみるとこのような感じになっています。

 

 

 レンジ相場とは?

f:id:sin-a8:20181022104934p:plain

 レンジ相場とは上の図にように一定の値幅で上下している相場の事を言います。

 

FXではレンジ相場は相場全体の7割とも言われていてほとんどがレンジ相場になっているんです。

 

一定の値幅で上下しているという事は買い圧力も売り圧力もどちらも同じ力でどっちに行こうか迷っている相場になるんですよ。

 

さらにレンジ相場は上の図では綺麗な形をしていますが、実際には図のようなきれいな形をしているレンジ相場は正直めったになく非常に難しいんですよ。

 

なので基本的にはレンジ相場はトレードしない、または綺麗な分かりやすいレンジ相場だけトレードするようにした方がいいです。

 

f:id:sin-a8:20181022123732p:plain

 上の図は実際のチャートのレンジ相場に分かりやすいように線を書いています。

 

このレンジ相場は高値も安値も同じ値幅でしっかり反発しているのでとても綺麗なレンジ相場ですね。

 

f:id:sin-a8:20181022123942p:plain

 この上の図の黄色い四角で囲んである所もレンジ相場なのですが、見るからに汚いですよね。

 

基本的にはこのような分かりにくいレンジ相場がほとんどじゃないかと思います。

 

 

 最後に:トレンド相場、レンジ相場とは?

トレンド相場とレンジ相場の説明をしてきましたがいかがでしたか?

  • トレンド相場は上昇トレンド相場と下落トレンド相場の2種類ある
  • 上昇トレンド相場は高値と安値が切り上がっていて買い圧力が強い相場
  • 下落トレンド相場は高値と安値が切り下がっていて売り圧力が強い相場
  • レンジ相場は一定の値幅で上下していて買いと売り両方の圧力がかかっている相場

というお話をしてきました。

 

今回は基本的なチャートの見方について説明しました。

 

FXというものはこの2種類のチャートの形を元にその人なりのやり方を見つけてトレードしていくので、まずは今の相場はトレンド相場かな?それともレンジ相場かな?と分かるようにならないといけないんですよね。

 

なのでゆっくりでいいのでトレンド相場とレンジ相場は必ず覚えた方がいいと思いますよ。

 

それじゃあ、

また!!

 


人気ブログランキング