今週のドル円チャートおさらい 今週はレンジ相場抜けれず

どうも、こんにちは。

 

今週のドル円チャートは、先週終わりのレンジ相場をどっちかに抜けるのかなという動きを少し見せつつ、結局レンジ相場のまま一週間が終了してしまいました。

 

はたして来週はどうなるのか、とりあえず今週のドル円チャートを見ていきましょうかね。

 

 

 

 10月15日~10月19日ドル円チャート

【日足】

f:id:sin-a8:20181021111605p:plain

日足を見る限りまだ上昇トレンドが続いている形になっていますね。

 

なので、まだ日足レベルだと買いが優勢な相場なのではないかと見て取れるのではないかと思います。

 

ただ週足レベルで見ている売り勢もいるので、いま日足で見ると押し目買いのポイントで値段があるのにそのまま上昇せずレンジ相場になっているんでしょうね。

 

【四時間足】

f:id:sin-a8:20181021113503p:plain

 四時間足を見ると今はよく分からない相場になっていますね。

 

トレンドが出ている訳でもなければ、レンジだが形も汚いのでよく分からない堂場かなと思います。

 

一応先週の最安値のポイントに青いラインを引いていて、今週のはじめにそのラインを下に抜けていきましたが、ダマしになりそのまま上にまた戻って来ていますね。

 

四時間足のチャートは綺麗な形になるまで待ち相場かなと思います。

 

【1時間足】

 

f:id:sin-a8:20181021114543p:plain

 1時間足を見てみると、青いラインをレンジ相場を一旦下に抜けていきましたが、その後に黄色い四角で囲んでいるポイントで小さなレンジを作っています。

 

 こういう小さいレンジはレンジを抜けた後や抜けそうな場面でよく現れる形で、この小さいレンジを抜けた方向に付いて行くと意外と勝ちやすいポイントです。

 

なので今回はレンジ一旦下に抜けたが、小さいレンジが出来て抜けきれなかったと判断出来るのでまたレンジ内に戻って来て上昇たと判断できますね。

 

 青いラインのレンジ内に戻った後は、一旦上抜けて上昇した後にまたレンジ内に戻ってきましたが、上昇の拠点になった赤いラインに反発してまた上を目指しに上昇している状況で今週は終了しました。

 

 

 最後に:今週のドル円チャートおさらい 

今週は個人的にトレードしずらい相場でしたね。

 

今の相場状況はただの上昇トレンドの一旦下げて力をためて上昇するぞ、という状況ではなく週足からの売り圧力と日足の買い圧力がぶつかり合っているポイントなので、こういうポイントではレンジ相場になりやすいのだなといい収穫になりました。

 

なので今後のチャートの動きは先週から言っているように、今のポイントのレンジ相場の決着が付いた方向に動いていくのかなと思っています。

 

まあ、あくまでも予想ですけどね。

 

それじゃあ、

また!!

 

投資は自己責任でお願いします。

 


人気ブログランキング

 

 シン君オススメのFX口座だよ‼

sin-a8.hatenadiary.jp