ドル円チャート分析

どうも、こんにちは。

 

今週もチャート分析して来週に備えて行きたいと思います。

 

 

 8月20日~8月24日のドル円

まずは日足から見て行きたいと思います。

 

日足

f:id:sin-a8:20180826192206p:plain

 青色の丸は高値、黄色の丸は安値を表しています。

 

一応、高値も安値も切り下がっているので日足で見ると売り圧力が強い相場なのかなと思っています。

 

ただ、上の写真ではフェボナッチを引いていませんが、フェボナッチでみると戻り売りポイントを上に抜けてしまっているのでこのまま上昇するかもしれないので、両方のパターンを考えておくのがよさそう。

 

 次は四時間足を見てみます。

 

四時間足

f:id:sin-a8:20180826193110p:plain

 四時間足にも高値に青丸、安値に黄色丸を付けています。

 

四時間足を見てみると、高値と安値が切り下がっていて下落トレンドになっているのですが、3回目の青丸の高値の付近で今止められていてそのポイントを上に抜ければ売り圧力が弱まりそうな感じがしています。

 

1時間足を次は見ていきましょう。

 

1時間足

f:id:sin-a8:20180826211530p:plain

1時間足で見てみると下落トレンドが出来ていたが、終了した形になっています。

 

四時間足の高値のポイントで止められているので、この後どちらの方向に動くのかに注目したいですね。

 

 

 最後にドル円チャート分析

今週は下落していくのかなと思っていたのですが、また上に戻ってきた形となってしまいました。

 

来週は四時間足の高値を上に抜けるのかどうかがポイントになって来るのではないかと思っていますのでそこに注目してトレードして行きたいと思っています。

 


人気ブログランキング