【感想・評価】小説『居酒屋ぼったくり』酒飲み必見の本 

どうも、こんにちは。

 

皆さんはお酒好きですか?

 

ふむふむ、なるほど。

 

毎日のように飲む飲んべえの方もいれば、好きなではないけど興味があるという方もいらっしゃいますね。

 

今回は酒飲みの方はもちろん、お酒は興味はあるけど得意ではないよ、という方々にもぜひオススメしたい小説「居酒屋ぼったくり」を紹介したいと思います。

 

ちなみに僕はときどき飲むくらいで嫌いではないけど.....。という感じです。

 

※この先ネタバレがありますので嫌な方は見ないで下さいね。

 

 

 

あらすじ 

この居酒屋ぼったくりという小説は簡単に説明すると、とある所にある居酒屋を経営する姉妹とそこに訪れる客との日常を描いた作品になっています。

 

ところで、皆さんちょっと気になってませんか?

 

「ぼったくり」いう名前について。

 

ちなみに、ぼったくる居酒屋さんのお話ではありませんよ。

 

この小説に出てくる主人公は居酒屋の店主の美音(みね)さん。

 

店主の美音さんは2人姉妹で、妹の馨(かおる)さんと一緒に「ぼったくり」という名前の居酒屋を経営しています。

 

実はこのお店、亡くなったお父さんのお店で、そのお店を今は姉妹で経営しているんですが、「ぼったくり」と名付けたのはお父さんでその理由がなんと.........おっと、これ以上は話せません。

 

理由を知りたい方は、ぜひ購入して読んでみて下さい!!

 

 

いろんなお酒の紹介が分かりやすい! 

この小説、居酒屋のお話なのでいろいろなお酒が出てくるんですが、そのお酒の特徴や味、製造工程など分かりやすく説明してくれていて、あまりお酒を飲まない僕でも少し飲んでみたいなと思ってしまいます。

 

さらに、1つのお話が終わるごとに毎回そのお話の中に出て来たお酒の絵と製造元の情報が記載されていていたりして飲みたくなったら、すぐに調べられるので飲んべえにはもってこいの小説かと思いますよ。

 

そういえば、この記事の冒頭でお酒は得意ではないけど興味がある人にもオススメしたいと書いていましたよね。

 

実は、この小説の中にもお酒をあまり得意ではない人も出てくるんですよ。

 

そして、お酒の苦手な人でも飲みやすいお酒も出てくるので実際にお酒が得意じゃないけど興味はあるという人にも口に合うお酒が見つかるかもしれませんよ。

 

実際に僕もそこまでお酒が飲める方ではないですけど、小説でお酒が得意ではない人が飲んでいたお酒を買って飲んでみましたが、普通に美味しく飲むことができました。

 

いや~ちょっと大人になった気分でしたよ。

 

 

料理も美味しそう 

やっぱりお酒と言ったらそれに合う料理ですよね。

 

この小説の中にもたくさんの料理が紹介されていて、もうすべてが美味しそうなんですよね。

 

料理の作り方も簡単にですけど書かれているので、今夜のお酒のあてにでもいかがですか?

 

おっと、そういえば。

 

料理に合わせたお酒も紹介してくれているのでそれを真似してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 最後に:酒飲み必見!小説、居酒屋ぼったくりがおもしろい 

いかがでしたか?

  • 居酒屋を経営する姉妹とお客さんの日常を描いた作品
  • お話に出て来たお酒の情報が記載されている
  • お酒が苦手な人でも飲みやすいお酒も紹介してくれている
  • お酒に合う料理も紹介してくれる

ということを紹介しました。

 

お酒の事ばかり紹介してきましたが、基本的にこの小説は読むと心が温かくなるようなお話が多いですから、お酒が全く飲めなくても問題なく面白く読むことが出来るので興味を持った方はぜひ読んでみて下さいね。

 


人気ブログランキング