ブラック部活、僕の経験談をお話しします。

皆さんこんにちは。

 

最近よく運動部など、スポーツ関係のパワハラ問題のニュースをよく耳にしませんか?

 

多いですよねぇホントに。

 

ニュースなどを聞いて疑問に思う事ありませんか?

 

「ブラック部活動に所属している人は、自分のいる部活がブラックなの気づかないのかな?」みたいな。

 

実は僕も学生時代にブラック部活動に所属していたんですが、これが気づかないんですよね。(もしかしたら僕だけかもしれないけど....)

 

なぜなら、それが当たり前だと思っているから!これなんですよね。

 

僕が気づいたのは学校を卒業して周りから「それ、おかしいんじゃない?」と言われてからなんですよ。

 

でも、はじめの頃は周りから「おかしいよそれ」と言われても「そんなことないよ、別に普通やと思う」みたいに反抗してしまてましたね。

 

いや~完全に洗脳されてたんでしょうね。恐ろしい!!

 

なので今回は僕が今までブラック部活動で受けてきた経験談を一部ですがお話ししたいと思います。

 

目次

 

 

 

真夏なのに水分休憩がめちゃくちゃ少ない

かなり昔では、運動部は水分補給してはいけないみたいな考え方があったみたいなんですよね。

 

でも僕が学生の頃というのはそこまで昔の話ではなくて「夏は水分補給をしっかりしましょう、熱中症になりますよ」と言われている時だったんですよね。

 

でも僕の顧問の先生は脳みそが昔のまま止まってしまい成長しなかったんでしょうね、かわいそうに。

 

僕のやっていた運動部は外でやる球技だったんですけど、夏休みには休みもなく練習時間が毎日10時間~12時間くらいあったんですよ。

 

ほぼ半日ですね。よくがんばったなぁ~じぶん!! 

 

そんなに長い間練習するのに休憩がめちゃくちゃ少ないという、まさかの仕打ち。

 

そのせいで僕は、熱中症の記事にも書きましたが2回も熱中症になってしまいましたよ。

sin-a8.hatenadiary.jp

 

それと大会などで他校の強豪校と一緒な場所で練習するみたいな事があったんですよ。

 

やっぱり強豪校のきちんとしてる学校はちがいましたね。

 

きちんと休憩もしてたし練習中にも水部補給が出来るように準備してあって、正直うらやましかったのを覚えてますよ。

 

 

合宿、遠征で寝させてくれない!

これは本当に辛かったですよ。

 

僕の所属していた部活動はかなりの頻度で合宿や遠征を行ってたんですね。

 

合宿や遠征に行くと必ず顧問の先生を含めたミーティングを行うんですけど、その開始時間がおそいことおそいこと。

 

こっちは朝から1日中動いてくたくたで朝も早い、なのに夜の22時くらいからミーティングしかも長い。

 

「眠くてミーティング所じゃないんじゃチックショー」と心の中でぼやいてましたよ。

 

まあこれはいい方で、「うわ~マジか~2時間しか寝れないじゃん」なんて事もありましたね。

 

この時はじめて疲れすぎて歩きながら寝るという経験をしましたよ。ホントに恐ろしかったあれは。

 

殺す気か!!って感じですよね。

 

その点きちんとした学校は違いましたよ。

 

もう夜の9時、10時には布団に入って寝てるんですよね。

 

しかもそこは、さっきも出て来た強豪校ですよ。

 

やっぱり強い学校はそういうと所もしっかりしてるんだなと思いましたよね。

 

まあ、全部の強豪校がそうとは限りませんけどね。

 

いろいろ悪いうわさも聞いたことあるし.....

 

 

後輩は先輩の奴隷!!

体育会系の人でよくありがちだと思うのですが、後輩を奴隷のように扱う先輩いますよね、何歳になっても。

 

僕も学生時代の運動部ではそんな感じで、理不尽な事ばかり言われてきましたね。

 

休み時間などのパシリなんて当たり前で、あと先輩のいう事を聞かなければ手が出るなんて事もありましたね。

 

けっしてよくはないけど、でもまだこれは1億歩ゆずってまだ分かる(本当は絶対ダメですよ!!)

 

でも先輩が「ちょっと今日機嫌悪いんだよね~殴らせてよ」これは本当に意味がわからなかったですよね。

 

いやっ!それもう暴行罪だからね。お縄になっちゃうよ。

 

ただ厄介なのが、こういう風に先輩にされてきた後輩は高確率で自分が先輩になった時に後輩に同じような事をしてしまうんですよ。

 

そして、その後輩たちも自分に後輩が出来ると同じような事をしてしまうという最悪のループが続いていくんですね。

 

やっぱり人間は「自分らも先輩にひどい目にあわされてきたんだから、自分らも後輩に同じ事する権利あるよね」みたいなバカな考えをしてしまうんですかね?

 

あっ!ちなみにいい訳みたいに聞こえるかもしれませんけど、僕は後輩にそんな事してませんよ。神に誓って。

 

 

 最後に:ブラック部活の体験談

経験談のほんの一部を紹介してみましたがいかがでしたか?

 

僕が今まで運動部で受けてきたおかしな出来事のすべての共通点は「恐怖の支配からの洗脳」だったと思うんですよね。

 

やはり、どうしても恐怖心を植え付けられると相手の事が怖いですから、きちんとその人の言った通りの事をする、命令さえきちんとしていれば優しく接してくれるんですよ。

 

そうすると「ここの部活ではこれが正解なんだ!」みたいに最終的にはなってしまうんでしょうね。

 

そのせいでどんなに理不尽なことを言われようとも、自分の中でそれが当たり前になっていくんですよ。

 

でも、そういうのって結局長続きしないと思うんですよね。僕の入ってた部活動もいろいろバレて今はなくなりましたからね。

 

皆さんも周りの人に「それってなんか変じゃない?」と言われたら少し冷静になって客観的に自分の現状を見てみることも大切なのかなと思いますよ。

 

まあなかなか難しいですけどね。

 


人気ブログランキング