熱中症はツライよ!熱中症経験者が教える熱中症対策

皆さんは、熱中症になった事ありますか?

 

僕は過去に2回も熱中症になっちゃいまして、その時はもうそれはそれは辛かったんですよ。

 

僕が経験したのは2回とも学生時代なんですが、運動部に所属していて夏にギラギラの太陽が照り付ける中練習をしていて、しかも休憩が少なく水分補給があまり出来ない部活動だったんですよ。

 

そして毎回練習の区切りに指導してくれている先生の話があるんですが、その時に僕に異変が起きたんです。

 

じっと立って話を聞いていたんですが急に額から物凄い量の汗が出てきて次に息が荒くなり心臓がすごい激しく動くのが分かるのと同時にじっと立っている事が出来なくなるんですね。

 

それでも僕は耐えちゃってすぐに視界が外から内にジワジワとぼやけて来て見えなくなちゃって倒れそうになった所を先生や周りの友達が気づいてくれて、水分補給と休憩をしてその時は元気になりました。

 

僕の場合は水分と少し休憩をしただけですぐに元気になったので軽い熱中症だたのかなと思いますが、場合によっては救急車で運ばれる事もあるみたいですからね。

 

非常に危険な症状ですから調べてまとめたので、これを見て皆さんは僕みたいにならないようにして下さいね。

 

 目次

 

熱中症とは?

そもそも熱中症とはどんな症状があるのか?

 

熱中症にはさまざまな症状があり主に4種類に分けられるんですね。

 

熱失神

炎天下の中や室温の高い室内で運動などの体を動かしている時に起こるんですが、人の体は体温が上がると体温を下げようとするんです。

 

その時に大量に汗をかいたり、皮膚血管を拡張させて血圧を低下させて熱を下げようとするんですが、そのせいで脱水症状になったり脳に流れる血液が不足しちゃうんです。

 

その結果、めまい、失神、脈が速くて弱いといった症状が襲ってきます。

 

これが熱失神です。

 

僕がなったのはこれですね。

 

熱けいれん

大量に汗をかくと喉が渇きますから水分を取ると思いますが、水だけしか取らないと血液中の塩分濃度が低下するんです。

 

汗には水分と塩分の2種類で出来ているんで、塩分も取らないといけないんです。

 

すると筋肉がいきなり痙攣したり、手足などがつる、と言うことが起こるんです。

 

これが熱けいれんです。 

 

熱疲労

大量に汗をかくと水分と塩分が体から出ていくので脱水症状になりますがその状態がずっと続くと熱疲労という症状になるんですよ。

 

要するに熱失神の悪化したバージョンという訳です。

 

体内の水分が減少すると体内の循環する血液量が減って内蔵機能に影響が出てきて吐き気などさまざまな症状が襲ってくるのです。

 

熱射症

体温が高くなりすぎると脳の温度も上昇して体温を調整する機能に障害が起きちゃうんですね。

 

そのせいで体温を下げる為の汗が止まっちゃう、これが熱射症です。

 

そうなると反応が鈍くなったり意識がなくなったりして最悪の場合死に至る場合があり非常に危険なんです。

 

 

熱中症対策

熱中症は非常に恐ろしいですからなりたくないですよね?

 

そのためには、しっかり対策していきましょう。

 

水分を取ろう

こまめに水分補給をする事が大切ですが、水分補給と言っても上でも説明したように汗には塩分も含まれているんですね。

 

ですから水だけではいけませんよ

 

しっかり塩分が入った飲み物がいいですので、スポーツドリンクなんか塩分も糖分も入っているので塩分補給も出来る上にスムーズに水分補給が出来てとてもいいです。

※塩分の取りすぎは良くないので気を付けて

 

喉が渇かなくても汗をかいてますから水分補給は行ってくださいね。

 

ちなみにコーヒーは利尿作用があるので水分補給にはならないですよ。

 

しかし昔の僕みたいに部活動などで休憩が少なく水分が取れないという人もいるでしょう。

 

僕が良くしていたのはトイレに行くふりをして隠れて水分補給に行ってました。

 

あと、もうこれ以上は倒れそうと思ったときは先生や監督に「すいません、これ以上動くと倒れそうです」と休憩をもらいに行くのもいいと思います。

 

「最近の若いもんは体力がないな」などと小言を言われるかもしれませんが(僕は言われました)死ぬよりはいいと思います。

 

自分の体は自分で守らないといけませんからね。

 

寝やすい環境で

夜間熱中症と言うものがあるのですが寝ている間に熱中症になってしまい最悪の場合死に至る事もあるという非常に危険なものなのです。

 

その原因はクーラーをタイマー設定などで1時間などで切れるように設定していると冷房が切れた後に室温が上昇して寝ている間に熱中症になってしまうんですね。

 

しかし朝までクーラーを付けていると体がだるくなっちゃうんじゃないかと思う方もいますよね。

 

そんなあなたに朗報です。

 

体がだるくなる原因はクーラーの風が直接体に当たり体が冷えすぎる事がいけないんですよ。

 

なので扇風機を上に向け首を振ってあげるとクーラーの風が直接当たる事はなく体がだるくなる事はないのです。

 

さらにタオルケットなどで調整してあげるとさらにいいのでこれで完璧です。

 

 

日頃の食事で対策

食事で熱中症対策?

と思う方もいるでしょうが、日頃の食事で熱中症対策が出来ます。

 

熱中症対策に必要なものは、塩分、カリウムが必要になってきます。

 ※塩分の取りすぎは良くないので気を付けて

 

カリウムは、キノコ、海苔、ほうれん草、キュウリ、トマトなどに多く含まれいています。

 

さらに炭水化物をエネルギーにするビタミンB1と免疫力を高めてストレスの抗体を作ってくれるビタミンCも必要です。

 

ビタミンB1は、豚肉、うなぎ、豆腐、枝豆などに多く含まれています。

 

ビタミンBは、レモン、トマト、パセリ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ですのでこれら意識して食事の際に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に

 熱中症について簡単にまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

『自分は体が強いから大丈夫、大丈夫』と思っているそこのあなた!!

 

僕もそう思っていて突然きましたからね!!

 

意識して日頃からの水分補給などの熱中症対策を忘れずに!!!!